・五十音図について・


私はいま、『あいうえお88詩』というタイトルで詩を書いているが、最近になって、この「あいうえお五十音」というものがしきりに気になりだした。子供の頃から自然になじんできた「あいうえお五十音」なので、いままで何の疑問も感じなかったのだが、いちど気になりだすと、もう自然になじんでいることなどできなくなった。
五十音図はそもそも、いつ頃、誰によって作られたものだったのだろうか。
調べてみると(既にご存知の方もおられると思うが)、私にとってはまったくの新しい知識だったので、その一端を簡単に記してみたいと思う。最近はどんなことでも、書いておかないとすぐに忘れてしまうのである。
起源は意外に古かった。有名な『いろは歌』よりも更に古く、平安時代にまでさかのぼる。さらに、ルーツは遠くインドにあった。
インドの古典語であるサンスクリットを表すために作られたデーヴァナーガリーという文字の配列が源流らしい。当時のインドで発達していた「悉曇学(しったんがく)」という音声学が、仏教とともにわが国に伝わり、「あいうえお五十音」の下敷きとなった。
日本ではデーヴァナーガリー文字のことを「梵字」と呼び、五十音図を作ったのは仏教の僧侶であったと考えられている。
梵字の母音の基本は「ア」「イ」「ウ」であり、「ア」と「イ」の組合せの「アイ」が「エー」「エ」となり、「ア」と「ウ」の組合せ「アウ」が「オー」「オ」となって「アイウエオ」の5つの基本母音字ができた。五十音図の基本配列は、この梵字の母音配列に習ったものである。
その頃の日本語には「S」の音と「H」の音がなく、「サ」は「チャ」で、「ハ」は「ファ」あるいは「パ」だった。したがって、最初の五十音配列は「アカチャタナファ(パ)マヤラワ」だったのである。
子音には調音点(音を出すところ)というのがあり、梵字の子音の配列は、この調音点が口の奥にある音から、次第に口の前にある音へと並べられている。
「ア」は子音がなく、母音がそのまま声帯から出てくる音なので、五十音図のいちばん最初に置かれることになった。
「カ」の子音である「K」は、口の一番奥で息を破裂させて音を出し、「チャ」(のちの「サ」)は「カ」よりも少し前の位置で破裂させる。「タ」になると舌が歯の内側まで出てきて接触する。「ナ」は「タ」と同じ状態だが声が鼻に抜ける。次の「ファ(パ)」(のちの「ハ」)になると、調音点は唇にまで出てくる。
最後に「マ」で唇は完全に閉じた状態になり、「カ」から「マ」へと調音点が口の奥から唇へと順に移動しているのがわかる。
残る「ヤ」「ラ」「ワ」は半母音であるが、これも子音と同じように調音点の移動に従って並べられた。
なお、五十音図の最後は「ン」であるが、これは「ン」という音自体が日本語の歴史の中で遅れて出てきたことによるらしい。遅刻者は列の最後に並ぶのが通例。
あらためて、「あいうえお」と声に出してみると、なんだか遠いインドや古い仏教の香りが、音の響きにこもっているような気がしなくもない。今、「あいうえお五十音」に誘発されて、私のイメージはあちこちをさまよっているが、実のところ、目下創作中の『あいうえお88詩』の詩作に行き詰まっているだけのことなのである。

(写真はふうせんかずら(風船葛)の花。5ミリほどの小さな花です。)
(2003/07)



inserted by FC2 system